慈凰らくらく歩について

慈凰らくらく歩に

膝、肘などの関節痛の痛みを和らげたくて、グルコサミンやコンドロイチンのサプリメントをこれまで試してきたけれど、実感できる程の効果なかった・・・

 

慈凰らくらく歩であれば、非変性U型コラーゲンやプロテオグリカンなどの関節軟骨そのものが配合成分として使われているし、もしかしたら効果を実感できるかも知れない。

 

もし、あなたがそう考えているならば、一つだけ注意しなければいけない事があるのを知っていますか?

 

それは服用期間です。

慈凰らくらく歩を飲んでも短期間で効果を実感できないケースもある

慈凰らくらく歩の特徴といえば、やはり非変性U型コラーゲンやプロテオグリカン、それにイダミペプチドなどの関節軟骨だけでなくて、骨や筋肉成分も配合されていることから、関節痛の痛みが緩和された、という口コミが広がっている商品です。

 

 

ですが、ここで注意しなければいけないのは、誰しもが1週間や2週間で関節痛の緩和が和らぐとは限らないってことなんですね。

 

 

もちろん、中には短期間で効果を実感できる場合もあるかも知れないですが、ほとんどの人ははやり2ヵ月~3ヵ月程度の期間はじっくりと慈凰らくらく歩を服用し続けて初めて関節痛の緩和を実感できる、と思っておいた方がいいでしょう。

 

 

だから、短期間ですぐに痛みがなくなる、と思っている人は購入しない方がいいと思います。

 

 

ですが、逆に数ヵ月はしっかりと続ける、というのを最初から決めている人であれば、きっと関節痛の緩和に慈凰らくらく歩は役立ってくれますよ。

 

 

慈凰らくらく歩に配合されている成分は、関節痛を引き起こす原因となっている関節軟骨そのものの成分、それに関節をとりまく骨や筋肉に関する成分まで含まれていますから。

 

慈凰らくらく歩にグルコサミンが配合されていない理由

関節軟骨は水分、コラーゲン、プロテオグリカン、その他の成分で構成されています。

 

グルコサミンが配合されていないのは、グルコサミンというのは、これらの関節軟骨を作っている成分そのもの、というよりは原料となる成分だからなんですね。

 

原料となる成分をとるのも悪いことではありませんが、体への吸収効率、特に関節軟骨の修復に使われる効率を考えたときには、実は直接関節軟骨の作っている成分をとる方が効率が良い、ともいえるんですよ。

 

特に、高齢になればなるほど、原料を体内に取り入れて、そこから関節軟骨を修復する効率というのは悪くなってしまいますから。

 

慈凰らくらく歩の成分をチェックする

慈凰らくらく歩に含まれている成分、特に関節軟骨と深い関係がある成分をチェックしてみたいと思います。

 

 

・非変性U型コラーゲン
 非変性U型コラーゲンは関節軟骨を作っているコラーゲンと同じ成分です。

 

 U型以外にもコラーゲンはいくつかありますが、関節軟骨の修復を促すためにはU型コラーゲンでなければいけません。

 

「非変性」とついているのは、関節軟骨により利用されるためには普通のU型コラーゲンよりも「非変性」の方が効果が高いからなんですね。

 

・プロテオグリカン
プロテオグリカンもまた関節軟骨の構成成分ですが、この成分は関節軟骨に水分を維持するために非常に重要な成分です。

 

水分があることによって、関節軟骨は初めてなめらかな動きができるようになります。

 

逆に、このプロテオグリカンが少なくなってくると、関節軟骨はだんだんと干からびた状態になり、滑らかな動きができなくなってしまいます。
・鮭コンドロイチン
コンドロイチンは、先程の関節軟骨の構成成分であるプロテオグリカンをなかにあるものです。

 

よく、グルコサミンと同じようにコンドロイチンも関節痛に良いといわれていますが、これはプロテオグリカンのなかにあるものだからこそ、そういわれているんですね。

 

コンドロイチンをとることによって、プロテオグリカンをさらに作り出すことが可能になり、関節の水分維持に貢献してくれるのがコンドロイチンです。

 

鮭からとれるコンドロイチンはサメや豚などから抽出していたコンドロイチンよりも品質が高いことが確認されています。

 

 

 

ホーム RSS購読